当然ですが、バックパッカーでは一人で旅をすることになります。

バックパッカーでは一人で旅をする
しかし、一人だからこその魅力や楽しさがあり、それを味わうために多くの人がバックパッカーを行っているのです。

友達との旅行も楽しいですが..

確かに、友達との旅行も楽しいとは思います。
ただ、誰かと一緒に旅行へ行くと、どうしても行ける場所も限られるわけですし、自分のペースで行動することもできません。

友達との旅行よりも一人旅がいい
しかし一人旅であれば、自分が行きたいところに好きなだけ行けるわけですし、自分のペースで自由に行動することができるのです。
誰かと一緒に行くには難しいところでも、一人であれば気軽に訪れることができるのです。

一人だからこその厳しさもある

ただ、一人旅となれば誰にも頼ることができませんし、トラブルの対処や困難が生じても、全て自分一人で解決しないといけません。
ですから、一人旅は大変な部分も多いのですが、それもバックパッカーの魅力だと言えるわけです。

最高の満足感を得られる

一人旅から帰ってきた時には、最高の満足感を得ることができるのです。
たとえその旅が、楽しさよりも苦しさの方が大きかったとしても、大きな充実感を得られるのです。

そもそもバックパッカーとはなんなのか?

バックパッカーというのは、できるだけお金をかけずに、一人でいろんなところを旅することを表します。
人によっては、数ヶ月から1年以上海外に滞在することもあり、楽しさもあり大変さもあるのが、バックパッカーの醍醐味だと言えるのです。

世界中を見て回るバックパッカーたち

バックパッカーをやっている人は、本当にいろんな国を見て回っているのです。

世界中を見て回るバックパッカーたち
人によっては、100カ国を超えるほどの国に訪れていたりするので、まさに旅行のスペシャリストとも言えるのです。

お金をあまりかけないのが鉄則

バックパッカーの大きな鉄則として、お金をかけないことが挙げられます。
そもそも、長期に渡ってたくさんの国を旅するわけですから、よっぽど収入に余裕がある人でない限り、お金をかけることなんてできないのです。
格安の宿に泊まり、できるだけ移動費も抑えて、限られた予算で1カ国でも多く訪れるのです。

語学など知識も危機管理も必要

もちろん、一人で海外を旅する以上は、いろんな危険もあるわけですし、語学を始めとした色々な知識も必要となります。

PR 広告
太くて硬い根っこのギンギンパワー~タクラマカン砂漠人参
萎えて自信を無くした男を蘇らせる商品のお買い求めはここからお進み下さい!

バックパッカーをこれから始めるのであれば、必要な知識を身につけて、危機管理をしっかりと持つことが大事なのです。

社会に出る直前!!大学生のうちにやっておくべきこと

大学に通う4年間はあっという間に過ぎてしまいます。社会に出て働く直前のこの時間をいかに充実させるかがその後の人生に大きく関わってきます。仕事で使う知識や精神力をきたえて大人になるために使っていきたいものです。若さと体力と時間のあるうちにできる経験をたくさん積みましょう。

人とのつながりは一生モノ!たくさんの人と出会いましょう

授業や部活・サークル活動を通してたくさんの友達を作りましょう。好きな人・嫌いな人と距離感を保ち、上手に付き合うスキルは身につけると人生の豊かさが変わります。なるべくたくさんの人と関わり合い、積極的に話しかけていきましょう。

人とのつながりは一生モノ!たくさんの人と出会いましょう

また、若いからこそ幅広い年代の人と出会いましょう。アルバイトなどで上司とのコミュニケーション術を学びましょう。「社会に出てからでいいや」ということは全くありません。交流の中での失敗が許されるうちにたくさんの人と関係を持ちましょう。

死ぬまで楽しめる趣味を見つけよう

大学を卒業したらやることが仕事しかない……というわけではありません。社会人になったらどれだけ自分の時間を充実させることができるかが重要になってきます。プラーベートの幸福度が仕事に影響するという研究結果も出ています。自分が楽しむツボを学生の間に押さえておきましょう。

体を動かすことは若いうちからやっておきたいもの。年をとってからでは体力が追いつかず、楽しめるようになる前にやめてしまうことも増えます。人生のできるだけ早い段階で打ち込める趣味を見つけましょう。

他の誰にもマネできない貴重な経験を積むために旅行に行こう!

旅行にはお金もかかりますが時間も必要になってきます。社会人になるとなかなかまとまった休暇を取ることができず、大きな旅行に行くことが難しくなります。春や夏に1ヶ月ほどの大きな休みがある間に一度は経験しておきたいこと。

大学生のうちに旅行に行き経験をつみたいもの。バックパッカーをするなどの長期旅行に出るのもいいかもしれません。海外に限らず、国内の穴場スポットを巡るだけでもすばらしい発見があるものです。

学問を励みに後悔しないように生きていく

なんのために学校に行くのか、勉強をするために行くのです。卒業して社会に出るとなかなか時間もなく学べなくなるものです。役に立つかどうかは置いておいて、経験を積むというつもりで学問には向き合いましょう。

若いからこそできることはたくさんあります。むしろ歳をとったらできないことばかりです。大人になって後悔しないためにも、学生時代は毎日を大切に過ごしましょう。

PR メタルマッスルHMBは1日216円と続けやすい