旅先で特に多いトラブルなどの出来事

バックパッカーでの旅行はとても楽しいものではありますが、一方でトラブルが多いのも事実なのです。
トラブルによって楽しい旅行が台無しになるだけでなく、危険な状況になりかねないのです。

盗難には最重要警戒

バックパッカーだけに限ったことではありませんが、日本人が海外へ旅行する時に、最も警戒すべきトラブルが盗難です。
日本ほど治安の良い国はなかなかありませんから、日本では大丈夫だろうと思っている行動も、海外では危険だったりするのです。
例えば、電車の中で眠ったり、携帯に夢中になっている間にバッグを取られるというケースも多いのです。
あるいは、貴重品を後ろのポケットに入れていると、知らないうちに盗まれていることもあったりするのです。

お金やパスポートを無くしてしまう

また、お金やパスポートを無くしてしまい、困った状況になるケースも少なくありません。
厳重に管理しているつもりでも、何かの拍子に無くしてしまうこともあるので、しっかりと管理しなければいけません。
もし無くした場合は、すぐに地元の警察に相談し、場合によっては日本大使館にも頼る必要があります。

誰かに襲われる

海外で一人で行動している日本人は、どうしても狙われるリスクが高くなります。
特に女性の場合は、格好のターゲットになる可能性もあるのです。
できるだけ人通りの多い場所を歩き、夜の遅い時間には出歩かないようにしましょう。

道に迷ってしまう

海外に行って道に迷うのはよくあるトラブルだと言えます。
ただ、バックパッカーでは自分一人で解決をしないといけないので、そこが大変なところだと言えます。
あてもなく途方に暮れていると、最悪夜道を一人で彷徨うことちなりかねないので、言葉が通じなくも何とか身振り手振りで道を聞いたりして、解決するようにしましょう。